アラビノキシランにはどんな効能があるの?

yosiagatteruwayo

アラビノキシランは米ぬかやとうもろこしなどから作られている成分であり、サプリメント等に使用されるようになってきました。クマザサ茶にも含まれていることが知られており、健康のために多くの人が愛飲するようになってきています。その健康効果として知られているのが免疫系の活性化をする効果であり、細菌感染やウイルス感染に対する抵抗力を高めることができるのに加えて、ガンの予防にも役に立つとされています。

アラビノキシランは人の免疫系における自然免疫に大きな関与を示します。自然免疫は新しい外敵に出会ったときにまず働き始める免疫系であり、抗原抗体反応によって行われる獲得免疫と違って不特定の外敵に対して攻撃を行うことができます。アラビノキシランは自然免疫において主要な役割を果たすマクロファージとナチュラルキラー細胞を活性化することができるため、それによって外部から侵入してきた細菌やウイルスを除去していくことができるようになります。また、この自然免疫の関与を経てガン予防にも寄与を示します。ガン細胞は正常細胞から見ると外敵であり、ナチュラルキラー細胞によって攻撃を行うことができることが一般的です。そのため、ナチュラルキラー細胞が活性化されることによってガン予防ができるということになります。また、ナチュラルキラー細胞はアラビノキシランによって刺激を受けることでインターフェロンγを産生することが判明しており、これによってマクロファージの活性化を起こすことができます。こういった形で自然免疫の大きな活性化を起こすことができ、感染防御雨だけでなくガン予防にもしっかりとした効果を発揮することができるとされています。

一方、アラビノキシランには抗酸化作用があることも知られており、それによってアンチエイジング効果も発揮します。活性酸素の除去ができることによって様々な疾患の予防になるため、高い健康効果を示すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>