青汁によく使われている「ケール」はどんな栄養素を含むのか?

midorizyuusunon

青汁によく入れられている野菜の一つとして、最近ではケールというものをよく見かけますが、どんな栄養素が入っているのかというと、ヴィタミンAのうちのベータカロチンが圧倒的に高いことで知られています。このベータカロチンの量はブロッコリーの含まれるそれの8倍です。ケールという野菜は、アブラナ科の野菜ですので、スーパーオキサイドと呼ばれる活性酵素の一種を正常に戻してしまうという、いわばがん抑制効果がみられるのです。また、ダイエットにもなかなか効果があり、食物繊維質もたくさん含まれています。この繊維質は繊維質が多いとよく知られているゴボウの3.5倍にもなり、血糖値を下げる働きをしますので、糖尿などを患っていらっしゃる方にはとても良い効果を示しますし、便通をよくしますので、大腸を健康に保つ働きもあります。また、良く知られている栄養素としては、ヴィタミンCです。こちらはキャベツに含まれるものの6.5倍あります。体内へ摂取すると、免疫力をあげる効果があります。また、ヴィタミンEもブロッコリーと同じ量、含まれています。ヴィタミンは人間の体内で生成されませんので、ケールを摂るということはかなり有効といえます。抗酸化力が高いということは、老化を予防できるといいうことなのです。またケールはダイエットやお子様の成長にも欠かせない、カルシウムも豊富に含まれています。量はといいますと、何とキャベツの5倍です。ルテインという、カロテノイドの一種も含まれています。こちらの効能はといいますと、抗酸化力が大変強く、細胞の酸化を防ぎますので、白内障や目の病気の予防によく、また目の疲労回復なども期待できます。また、メラトニンを含んでいますので、睡眠の質をよくする食べ物でもあります。メラトニンは人間の体内時計を正常に保ったり、時には体内時計をリセットする働きがあり、寝つきをよくしたりなど、睡眠の質が上がることが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>